クレジットカードでできないこと

—なんでも買える魔法のカード…ではない

残念なことに、クレジットカードで買えないものがあります。

・商品券や金券
→有価証券、収入印紙、図書カード、切手もNG

・公共料金などの支払い
→○最初からクレカ決済
×コンビニ払いをクレジット決済

また、カードの利用限度額を超えての利用は原則できません。
—「限度額」って何?

利用限度額(利用限度額与信枠)とは、1枚あたり利用可能な金額のことです。ショッピング・キャッシング両方にそれぞれ設定されており、カードの種類や年収によって一人ひとり異なる金額になっています。

コールセンターなどで問い合わせれば、残りいくら使えるか教えてもらうことができますので、心配になったらカード会社へ連絡してみてください。作成から一定期間後に審査申請をすれば増額することもできますが、年収が著しく下がった場合や支払い状況によって減額になることもあります。

限度額は、割賦販売法で定められる「支払見込額」の計算式で産出された金額に、各社の基準がプラスされて決定します。(支払見込額について、こちらのリンク先6番目の項目を参照

→http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/1141hayawakarikaiseikappuhanbaihou.htm

—車や不動産は買えるの?

クレカにまつわる都市伝説で「車や不動産は買えない!」という情報を入手しました。

どちらも高い買い物です。カードを切れる切れない以前に、カード限度額内で購入するのは至難の業かと思います。

例えば不動産なら、一戸建てを中古で買うとしても平均で最低500万円は必要。ショッピングの限度額が100万円を超える方はなかなかいらっしゃらないので、そもそも無理です。中古の車なら…うーん、難しいところですね。

ただし、一部店舗や商品、および一部カードでは購入可能のようです。

(例:BMWダイナースカードではBMW新車が金額無制限で買える)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です