クレジットカードを作る時に必要な書類

オススメの申し込み方法

クレジットカードは「郵送」「店頭」「インターネット」の、3つの方法で可能です。
どの方法でもかまいませんが、個人的には初心者の方に店頭>インターネット>郵送の順でオススメします。

店頭

勧誘員がいるので書類不備が出にくい。不明なことをすぐ聞けるので安心。店頭申し込みの特典が受けられることも。デメリットは勧誘員が店頭にいる時間が限られていること、作りたいカードの店が近くになかった場合は店頭申し込みが難しいこと。日中仕事をしている人は、休日に足を運ぶしかない。

インターネット

時間と場所を気にせず申し込みできる。ペーパーレスで環境に優しい。手続きが簡単なのも利点。不明な点があったら自分で問い合わせるしかない、場合によっては紙の書類を送らなければならない、個人情報をWEB入力することに抵抗がある人には向かないのが難点。

郵送

手書きで記入する、銀行印などで不備があった場合再返送しなければならない、とにかく時間がかかる。
必要書類、準備できましたか?

 

申し込み方法を決めたら、早速申し込みに移りましょう。

必要になる書類は、以下の通りです。

申込書

店頭の場合は勧誘員が用意してくれる。郵送の場合は取り寄せたり、店頭に置かれている書類をゲットしたりすることで入手するしかない。オンライン申し込み時は不要。

身分証明書

本人確認法という法律の下、必ず確認しなければいけない項目です。運転免許証、健康保険証、パスポートなどで対応可能です。引っ越しなどで身分証明書の住所と現住所が異なる場合は、住民票の写しや公共料金の領収書や納税証明書などを同封すればOKになる場合がほどんどです。

オンライン申し込み時は、後日送られてくる書類にコピーを添付して返送、もしくはカード受け取り時に提示する場合がありますので、あらかじめ準備しておきましょう。

銀行口座

クレジットカードは申し込み時に渡される約款に定められている支払日(=引き落とし日)に、銀行口座からの引き落としが原則です。必ず毎回引き落とし可能な口座を設定しましょう。オンライン申し込みの場合、カードの種類と銀行によって口座情報を入力すれば設定完了する場合もあります。

銀行印

口座作成時に使用した印鑑を、申込書に捺印しましょう。オンライン申し込みの場合は、後日送られる書類に捺印の上返送するか、カードの種類と指定口座によっては印鑑不要の場合もあります。

申し込み後、審査が通ったら登録住所にカードが送られます。届いたその日から使用可能です。おめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です