クレジットカード延滞になったら?

引き落としできなかった!

口座に用意してたのに、他の支払いが重なって口座の残高が足りなかった…。記帳をしたら落ちてなかった!あわてず騒がず、まずはコールセンターへ電話しましょう。会社によっては後日に再度引き落としをかける場合があります。

口座引き落としができなかった場合の支払い方法

引き落としができなかった場合、以下の3つの方法で支払い案内をされることがほとんどです。

入金方法を確認したら、1日でも早く入れましょう。あなたが振込した日ではなく、クレジットカード会社で入金確認が取れた段階で支払ったとみなされます。確認が遅れると最悪の場合延滞扱いとなり、ブラックリストに情報が登録されます。

1.送られてくるコンビニ振込用紙で入金する
1番簡単でポピュラーな方法です。

注意事項
・入金時に金額に応じて手数料がかかる。
・請求金額が30万円以上の場合は発行されない。(コンビニ振込の限度額が30万円まで)
・届くまで時間がかかる。
・引っ越し後の住所変更をしていなかったり、郵便事故があった場合は届かないこともある。その際は別な振込方法を案内される。

2.指定された銀行口座へ振り込む

請求金額が高額だった、コンビニ振込用紙が何らかの事情で受け取れない(出張中など)場合に案内される方法です。口座はクレカ会社が引き落としできなかった人専用で管理しているものなので、安心して振り込みましょう。

注意事項
・振込日時に気をつける。銀行の特性上、時間帯によって翌日扱いになることがある。(例:金曜日15時頃に入金した場合、クレカ会社で入金確認が取れるのは翌週月曜日)
・必ずカード名義人の名前で振込む。よくあるのが、配偶者名義で振り込んだせいで入金確認が遅れること。

3.次月の請求にまとめてもらう

この支払い方法はめったに認めてもらえません。支払い状況が良い人や、災害に遭って支払い困難な場合などに許可されます。

注意事項
・次月請求も引き落としにならなかった場合は、再度まとめて3ヶ月目に払うということはできません。コンビニ振込や銀行振込になります。
それでも支払えない!

リボ払いへの変更や減額などを依頼しても今月度の支払いができない、または引き落としができていないことに気付かず一定期間が過ぎてしまうと「延滞」という扱いになります。

延滞になると、前項でも説明したように信用情報機関へ「この人は支払いが1ヶ月遅れました」と登録されます。あまりにも遅れたり、延滞が頻発すると他社のカードを作る際に影響が出たり、家や携帯の分割払い(ローン)が組めなくなる可能性があります。

たかがクレカ、されどクレカ。ご利用は計画的に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です